2012年8月8日水曜日

しっかり計ろう

前回からの続きです。

では、今までのフードよりも低カロリーなのにやせないときは?

そういうときは「与えすぎ」です。

こんな場合は今まで与えていたフード1日の量に対するカロリーを計算し、それよりも30%ほど低いカロリーになるように給餌量を計算して与えます。(もちろん厳密な計算式もありますが、まずは今までよりも3割減らして様子をみてください。獣医さんでカロリーを計算してくれる場合もありますね。)

ところで、ある料理を料理本をみながら初めて作ったとき、とてもおいしくできたので、何度か作るうちに、大体覚えてしまって本を見ないで作るようになったとします。
最初の数回はおいしくできましたが、次第に別な味に変わっていく、そして再び本をみると調味料の割合がずいぶんとずれていて愕然とした、という経験をしたことはありませんか?

人間の五感は時にあてにならないことも多いものです。
ですから必ず量は都度きちんとキッチンスケールで計って与えてください。
目分量でカップ○杯だったり、ざっくり一握りだったりする飼い主様がとても多いのです。

購入前にカロリーチェック、購入後には給餌量の見直しを、そしてきちんと計ってフードを与えるようにしましょう。



写真はイメージです


にほんブログ村 犬ブログ 犬 食事・栄養へ
にほんブログ村 ランキングに参加しています。ぽちっとお願いいたします。

0 件のコメント:

コメントを投稿