2012年8月11日土曜日

ダイエット用フードについてもう少し考える。

こんにちは(*^_^*)
うちのほうは、今日は曇っていて、多少蒸していますけれど、室内はエアコンなしであせもかかずに過ごせています。
まだ、8月半ばなのに、今年は結構涼しいですね。

前回、前々回とダイエットするときにはカロリー表示と給餌量に気をつけて、と書きました。今回はダイエットの「質」について考えたいと思います。

いくら痩せても被毛はぱさぱさして艶が悪く、フケがでている。全体的に筋肉が落ちてしまい貧相になってしまった・・・これではせっかく体重を落としても犬にはあまり有益ではないですね。
ダイエット用フードで美しく健康にダイエットするために、ダイエット用フードを選ぶときには、100gあたりのカロリーとともに、必ず原材料の初めから3つをチェックしてください。

例えばあるダイエット用フードの原材料が「コーン、小麦、大豆粉、、、、」となっていたとします。フードでは使用されている量が多い順番に原材料を書く、という決まりがありますから、このフードではコーン、小麦、大豆粉が主にたんぱく質の供給源になります。ところが、残念なことに犬は植物性のたんぱく質を吸収することが得意ではありません

このような植物主体のたんぱく源をもつダイエット用フードを長期間(6ヶ月から1年以上)にわたり使用しつづければ、被毛や筋肉などにも悪影響が及ぶことは簡単に想像がつきますね。
ダイエット中でも良質なたんぱく質と適度な油脂が必要なことは人間も犬も変わりありません。

ですから、初めの3つのうち最初に肉の表示(ミートミールではダメです)があるダイエット用フードを選んでくださいね。
また、現在お使いの(プレミアム)フードや肉類を主な原材料とした高たんぱくフードを使いつつ、給餌量を調整したり、あるいは不足する栄養をトッピングで補ったりすることでもダイエットは可能になります。

ちょっと飼い主さんが慎重に選んだり、工夫するだけで、ご愛犬はおいしいものを食べながら、健康的にやせることができます。

長期間にわたるダイエットも、お母様お父様の愛情で楽しくおいしく続けてあげたいですね。







にほんブログ村 犬ブログ 犬 食事・栄養へ
にほんブログ村 ダイエットの必要なワンコと飼い主様、お待ちしてます。綺麗に痩せましょう。 ランキングに参加しています。ぽちっとお願いいたします。

0 件のコメント:

コメントを投稿